液状化対策で地震の被害を食い止める|話題の災害対策術

液状化の原因と対策

作業員

液状化のメカニズムを知る

地震が起きた際に液状化する原因には、地盤が砂地であったり締固められずに緩い状態であったり、また地下水があるなど様々な要因が重なる事で起きやすくなります。地震が起きた際に被害が無くても液状化する事で、建物の機能が維持する事が出来なくなる事もあるので、建物を建てる前の段階での地盤強化が重要になります。液状化するリスクはある程度予測する事も出来る為、地盤に関するデータや自治体が作成しているハザードマップを参考にする事も必用です。既に建っている建物の液状化リスクを評価する為には、地盤の調査だけではなく建物の基礎の耐震性の確認も必用です。大切な家を守る為には液状化のリスクとメカニズムを理解する事が必用であり、適切な液状化対策をする事が大切です。

液状化を対策する為の方法

液状化対策をする為には、その原因を排除する事が大切であり適切な工法を行う事によって対策する事が出来ます。地盤がサラサラした砂の場合には、固化させたり粘らせる事が必用である為、セメントを混ぜたり注入する事で対策する事が出来ます。地盤が緩い場合には、重機を使用して液状化する地層に穴を掘ってそこへ砂を押し込む事で地盤を横方向へ圧縮させる事で液状化対策をする事が出来ます。地下水がある場合には、その地下水を排除する事が必用である為、ウェルポイントなどを行って地下水をなくす事で対策する事が出来ます。大きな地震が来ることで地層内の変形によって液状化する事もあるので、地層内に格子状の壁を作っておく液状化対策の方法もあります。

井戸が必要になる理由

井戸

水は平常時、災害時は関係なく必要になります。水道水は水道管が壊れると利用できなくなりますが、井戸水であれば手押しポンプなどを使って水を得ることができます。また、井戸掘りは一朝一夕でできることではありません。いざという時のために、前もって依頼する業者を決めておきましょう。

もっと見る

地面が黒く湿っている時は

男性

都会の土地は舗装されている部分が多いため、地面に水が貯まりにくいので井戸を作るのは難しい場合がほとんどです。田舎の田んぼが沢山ある付近では、土地に水が貯まりやすいので地面が黒く湿っている時は、さく井工事を依頼してみるといいです。

もっと見る

住宅被害の未然防止

工事

地震による家屋の被害を未然に防ぐため、地盤調査が近年注目されている。「スウェーデンサウンディング試験」と呼ばれる比較的安価で簡単・効果的な方法で概要が把握できることから、住宅建築時などに行われる。自分自身でも知識を得て、安全・安心な建物を建築することが大切だ。

もっと見る